LINEで案件相談できるよ

風俗の出稼ぎで必要な持ち物とあれば役立つ便利アイテムを徹底紹介!

風俗の出稼ぎが初めての方は、何を持っていけばいいのか、何が必要なのか分からないですよね・・・

実際にお店に着いてから、

あ、アレも持って来れば良かった・・・!

となっては、もう手遅れです!

そこで、この記事では、

  • 風俗出稼ぎに必要な持ち物
  • あったら便利な9つのチェックリスト

について、現役スカウトマンの僕が徹底的に紹介します!

HAPI

これから初めて風俗の出稼ぎに行く方は、ぜひ参考にしてみてね!

風俗の出稼ぎで絶対に必要な持ち物はなに?

あれば便利とかではなく、必ず持っていかなければならないのは、次の持ち物です。

  • 顔写真付きの身分証明書
  • 新幹線・飛行機のチケット
  • 交通費の領収書
  • 出稼ぎ期間分の着替え
  • 化粧道具・スキンケア用品
  • ボディークリーム
  • ドライヤー・アイロン
  • 各種充電器
  • お風呂セット
  • パジャマ・寝具

ぶっちゃけ身分証があれば勤務はできるけど、それと同じくらい他の持ち物も超重要です!

①:顔写真付きの身分証明書

顔写真付き身分証だけは、何があっても忘れちゃダメです。

顔写真付きの身分証がないと、お店に行っても働かせてもらえません。

行き帰りの交通費と時間が無駄になりますので、絶対に持っていくように!

ちなみに、有効な身分証明証は次の5点です。

  • 免許証
  • パスポート
  • 学生証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード+保険証

お店によっては、学生証と住基カード+保険証はNGな場合もあるので、最低でも免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれかを持っていればとりあえずは安心です!
ココに注意

出稼ぎの場合、顔写真付き身分証と合わせて、本籍地記載の住民票(取得三ヶ月以内)を求められることも多いです。

HAPI

市役所で簡単に取れるので、あらかじめ用意しておこう!

②:新幹線・飛行機のチケット

駅まで行ったのに新幹線のチケットがないっ!

みたいなのはマジで笑えないので、しっかり事前に確認しましょう!

謎にあるあるなトラブルなので。

③:交通費の領収書

出稼ぎの場合、多くのお店で交通費が出ます。

ただ、領収書がないと支給されないので、捨てずにお店まで持っていきましょう!

新幹線や飛行機を使う距離だと、片道の交通費代もバカにならないですからね・・・

出稼ぎの期間は何日からOKなのか?の記事でも書いてますが、期間によってはしっかり往復分支給される案件もあります。

出稼ぎ風俗の期間は何日間から行ける?短期と長期のメリット・デメリット

④:出稼ぎ期間分の着替え

何日間の出稼ぎなのかにもよりますが、基本的には洗濯して着回す予定で準備しましょう。

洗濯なんて面倒だし絶対しない!意地でもしない!

って子でも、気合いで詰め込んでも荷物が大変なことになるので、絶対洗濯した方が楽ですよ。

ちなみに、お店の寮に洗濯機があります。

⑤:化粧道具・スキンケア用品

化粧道具を忘れる方は、あまりいないと思いますが・・・

地味に多いのがコンタクトの洗浄液・目が悪い人はメガネです!

当日に化粧をしてそのまま忘れて、出稼ぎ先で一式買ったりするのは余計なお金もかかるので、最終チェックで忘れずに確認しましょう。

HAPI

また、長い期間の出稼ぎ時には、愛用のスキンケア用品も忘れずに!

⑥:ボディークリーム

普段は肌があれない方でも、風俗の仕事はお風呂やシャワーを浴びる頻度が多くなるので、乾燥してカサカサになりがちです。

自分の体が資本な商売ですので、お客さんの前に出ても恥ずかしくないよう常にボディークリームは塗っておきましょう!

特にソープなんかはローションも使うので、マジでお肌砂漠になります。

⑦:ドライヤー・アイロン

お店で用意してあるドライヤーやアイロンって、女心を分かっていないものが多いです。

ドライヤーの風が弱かったり、コテの温度が残念だったりするので、普段自分が利用しているものを持参することをオススメします。

HAPI

あと、他の人も使うので、潔癖気味な方は絶対必須!

⑧:各種充電器

ホテル泊だと充電器が場合もたま〜にあって、寮だとしても完備してないお店も多いので、持っていかないと仕事にならんくらい不便です。

出稼ぎ先が田舎だと、近くに売っているお店もなかったりするので忘れると終わります。

⑨:お風呂セット

ホテルでも寮でも、ボディーソープやシャンプーなど一式はありますが、たぶん高確率で匂いが気に入らなかったりします。

また、人によっては肌に合わない可能性もあります。

出稼ぎ期間中に肌トラブルがあると仕事にも影響するので、普段使っているものを持参した方がいいです。

また、歯ブラシなどの日用品も持って行った方がいいですね!

⑩:パジャマ・寝具

ホテルの場合なら最悪ガウンなどがありますが、寮だと女の子の寝巻きまで用意してあるお店はないです。

パジャマを忘れると、持参したガチな私服で寝るか、近くのユニクロなどで買うハメになるので、数日分の着替えと一緒にパジャマを入れ忘れのないように注意!

HAPI

てな感じで、スマホと身分証明証・交通費の領収書を必須に、自分の利便に合わせて準備すればOK!

必須じゃないけど・・・風俗の出稼ぎであれば役立つ持ち物

なくちゃ絶対にダメ!ってほどではありませんが、あれば便利なアイテムを紹介します。

あると便利な持ち物リスト
  • 延長コード
  • 常備薬
  • マスク
  • 保険証

この他にも、自分の私生活に合わせて用意しておきましょう!

①:延長コード

お店で用意された寮だと、部屋の構造によってはマジで意味わからんところにコンセントがあったりします。

ソファやベッドで使えないとシンドイので、延長コード持参でどこでも使えるようにしておくとGood!

②:常備薬

例えば、ロキソニンや咳止めなどの薬ですね。

その他にも、時期によっては花粉症の薬なんかも忘れちゃいけない常備薬かと思います。

③:マスク

お店によっては、個別に仕切りがあっても他の女の子やスタッフさんと同じフロアに待機することもあるので、念の為マスクをつけておいた方が衛生上安心です。

また、めちゃめちゃ待機室が乾燥してたりしても、さすがに自分の部屋のように湿度を調整したりはできないので乾燥対策にもなります。

特に冬なんかは乾燥しやすいので、マスクがあるだけで何かと使えます。

④:保険証

もしも出稼ぎ期間中に病気にかかった場合、保険証がないと病院代が10割負担になってしまいます。

もし保険証を忘れた場合、あとから手続きしないと差額の返金が貰えないので面倒なことになります・・・

HAPI

財布にブチ込んで24時間待機させておこう!

風俗の出稼ぎで必要な持ち物まとめ

ここまで紹介した持ち物を、最後にもう一度まとめると・・・

絶対に必要な持ち物リスト
  • 顔写真付きの身分証明書
  • 新幹線・飛行機のチケット
  • 交通費の領収書
  • 出稼ぎ期間分の着替え
  • 化粧道具・スキンケア用品
  • ボディークリーム
  • ドライヤー・アイロン
  • 各種充電器
  • お風呂セット
  • パジャマ・寝具
あると便利な持ち物リスト
  • 延長コード
  • 常備薬
  • マスク
  • 保険証

特に長い期間で出稼ぎを組んでいる方は、この他にも必要以上に持ち物チェックは忘れずに行いましょう。

また、もしこれから出稼ぎ案件を探すって方は、ぜひ僕にご相談下さい!

エリアは北海道〜沖縄まで全国、保証・条件など希望に沿って案件のご紹介が可能です。

HAPI

お気軽にLINE下さい!

LINEで相談受付中

HAPIのLINEを友達追加
※ご相談だけのご連絡も大歓迎です!

出稼ぎ風俗の案件探しなら『出稼ぎのーと。』の求人紹介にお任せ!